ときめく世界と英語でつながる

ハッピーキッズについてお問い合わせ

top-img001

英語力は国語力

今日は少し堅い話をしてしまいます。国語力についてです。
英語教師として日々感じるのは「国語力のあるお子さんは英語もできる。」
ということ。どの先生も口をそろえてそうおっしゃいます。
それもそのはず。両方とも「国語」ですから!(笑)

私は職業柄、最近の日本語の乱れがとても気になります。
よくテレビでも耳にするのが「すごいうれしくて。」などというもの。

うれしい、は形容詞です。形容詞とは、通常「い」で
終わるものですね。 大きい、狭い、など。
その形容詞を「形容」するのものは「副詞」です。
副詞は「い」で終わりません。 ふつう「く」で終わります。
だから上記の例は「すごくうれしい。」であるべきです。
スケーターの浅田真央選手はこの違いがよくわかっています。
残念ながら上記の例を連発するのは安藤美姫選手!
もちろんほかにもいっぱいいらっしゃいます。

私もときどき「すごいつらい!」などとつぶやき、子供に
注意されます(笑)自分でも気をつけています。

堅苦しい解説に聞こえますが、形容詞と副詞の違いを分かって
いないと、英語でも苦しみます。

例を見てみましょう。
I can run fast. このfast は副詞です。「速く」ですね。
ではこれはどうですか? It’s fast. これは形容詞で「速い」です。

ハッピーキッズにはまだ先のこどですが、英語の文章の品詞を
きちんと分析できないと、しっかりと和訳はできません。
そのためには、まず日本語の品詞をきちんと理解していないと
話になりません。

もうひとつ気になる例をあげます。休日ランチを食べる場所は?
① マック「で」いい!
② マック「が」いい!

これはどうですか?うちの子はよく「マックで」と言って私に
問い返されます。「だったらマックじゃないとこへ行こう。」
すると焦って「マックがいい!」と言います(笑)

①と②では意味は大きく違います。
「で」の場合は、しょうがないから、がまんするから、という
消極的な選択になります。 
一方マック「が」いいといった場合は、ほかのどこよりもやはり
マックがいい!という積極的な選択になります。

この日本語を英語にすると、かなり違う文章になります。
① I don’t mind eating at Mac.
② I like to eat at Mac.

日本語のニュアンスをきちんと理解していないと正しく英訳
できない、という例です。

最後にこれは耳が痛い保護者の方もいらっしゃるかも
しれませんが、~し。 と文章を終えるケースです。
「これ違うし。」「これ面白くないし。」

「し」は本来、言葉を並列していく場合に使います。
「これ面白くないし、つまんない。」
「大阪にも行きたいし、広島にもいきたい。」

単独で「し」で終わる文章は非常に不自然です。
お友達同士ではやり言葉として使うのは構いませんが、心配するのは
学校で先生の前や、公の場所で発表するときに、きちんと切り替えら
れえるか、ということ。 できるなら、家庭ではきちんとした
文章で終える訓練をしてほしいと思います。
 
ハッピーキッズの目指す英語力は単に、海外の人と会話を楽しむ
レベルではありません。 本も読めて、自分で文章をかけて、
そして英語で自らの考えを発表できる、そういう英語力です。

それにはまず、日々の国語力が大切! 国語力以上に英語力が
つくはずがありません。 是非、豊かで正しい日本語を使って
家庭で会話をたくさん持ってもらえれば、と思います。

さて、堅苦しいお話に終始しましたので、
最後に先日開催したホットドックパーティーの写真を
お楽しみいただいて、締めくくりたいと思います。
たくさんのご参加ありがとうございました。

お野菜もたくさん入っていていいですね!


「自分で作るとおいしいね。」


「チーズを入れてもおいしいよ!」


食事のあとはOrigami Sumo で盛り上がりました。


Luna先生の絵本読み聞かせもありました。

おなかがすいてきました(笑)それではまた!

2010年 9月 24日 | Posted in 日記
AUTHER:ケイト先生 | タグ:
まだコメントはありません。

コメントする

XHTML: 使用可能タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>