ときめく世界と英語でつながる

ハッピーキッズについてお問い合わせ

top-img002

NHKの土曜ドラマ「ハゲタカ」を見ました。

20070218-02

もともと、NHKのドラマは好きなのですが、昨日のドラマも
展開がとてもテンポよく、ドラマチックで、また重厚な役者さん
の演技が光ってよかったです。

そこで主人公として出てきたのが、英語を自由に駆使して
投資ファンドの頂点にたち、日本の企業を徹底的安値で
買いあさる大森南朋さん演じる人物です。
彼演じる鷲津政彦の仕事のやり方はともかく、さっそうとした
たたずまい、カッコいいですね。

20070218-01

このドラマを見ながら、化粧品会社に勤めていたときのことを
思い出しました。

今も尊敬している国際部時代の上司から、
「10年後の自分のワンシーンを想像しろ。」
といつも言われていました。
その方は、若いとき「NYの高層ビルで、メジャーメディアから
インタビューを受けている自分」だったそうです。
実際それはかなったということ!

念願の国際部での仕事に胸をときめかせていた若かりし私は、
英語を流暢に駆使し、NYで商談をまとめる自分を
想像しました。昨日の鷲津政彦までとはいかないまでも、
ビジネスライクにさっそうと仕事をする自分。。。

英語力もまだまだだったので、その夢の「ワンシーン」に向け、
英字新聞を読んで時事英語を勉強したり、
MBA関連の本を読んだりしていた自分を思い出します。

その3年後、場所はNYではなくパリだったのですが、
とある会社の買収締結の最終打ち合わせに「記録係」として
参加することができました。(笑) 
一応、夢のワンシーンに近い!?

その後、結婚、出産など自身の変化もあり、私は児童英語教師
を目指す方向に夢を転換しました。
ちょっと方向は違ったけど、やはり好きな英語を使って今も
仕事をしている自分に気づきます。

今の私が思い描く10年後の自分のワンシーン。
それは「生徒さんと一緒に楽しく海外で旅している自分」
です。 かなうかな?

2007年 2月 18日 | Posted in 日記
AUTHER:ケイト先生 | タグ:
まだコメントはありません。

コメントする

XHTML: 使用可能タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>