ときめく世界と英語でつながる

ハッピーキッズについてお問い合わせ

top-img005

楽勉のすすめ 我が家の工夫

私は英語教師をしているので、お子様や保護者の
方に、いろいろ偉そうなことを言うこと
があります^^;

たとえば、「自宅で一度は英語を復習させてくださいね。」
とか、「国語力は大切ですよ。 日本語英語問わず、本を
読ませてあげてくださいね。」とか。

さて、私も3児(小2の双子+年中)の男の子の母。
わが子に対してもきちんと教育できているのか??
そう質問されると「うーーーん」とタジタジと
なってしまいます。

でも

一応、自分がやっていないことは
保護者の方にも言わないように心に決めています(笑)

本日は、我が家の試行錯誤をしながら、でも
親子で楽しめているいくつかの楽勉方法をご紹介
したいと思います。

その1 漢字学習
私は子供の漢字学習にうるさいです。それは社会に出た時、
「あんな優秀な人がこんな書き順で漢字を書いている!」
と愕然としたことがあるからです。 また昨年、とある
学習塾を見学した人から「中学受験」を熱心に指導している
はずの先生が漢字の書き順を間違っていた、という話を聞き
のけぞりました。 漢字は単に漢字ではなく、大人になると
その人の教養を白日にさらしてしまいます。

ということで、我が家では、とくに3月、学年も終わりに
近づいたころ、ホワイトボードを使っての漢字書き取り
クイズをよくやります。

朝の学習タイムです。

朝の学習タイムです。

ポイントは「ホワイトボードに書く」ということです。
子供はホワイトボードが大好き。 先生になったような
気がするのでしょうね。 またホワイトボードに書いてもらうと
書き順のチェックがやりやすいです。

ホワイトボード学習法は一般のご家庭の
方にもとてもおすすめです。
それほど高価なものではありません。できれば、ぜひ
部屋のどこかにつけてみてもらいたいです。
子供とのコミュニケーションが広がること、間違いなし!

IKEAではとてもかわいいイーゼルタイプのものもあります。
お子様が漢字をいやがらずにきっと書いてくれますよ!
http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/50021076

また、私がわかりやすいと思う子供向けの漢字ノートも
ご紹介します。読み仮名、漢字両方から該当ページが
検索できて、書き順もわかりやすく載っています。
自分のために使っています!

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。


アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

その2  親子連絡帳
息子が小学2年生になって、学校の宿題で日記を書き始めた
とき、私はその「日本語力」のなさに愕然としました。
話す内容はかなりしっかりしてきたけど、「日記」となると
ものすごく稚拙で、ひらがなの間違いも多い!!
そこで、考えたのがこの親子連絡帳です。

親子連絡帳 ときどき入るイラストも思い出に。

親子連絡帳 ときどき入るイラストも思い出に。

帰りの遅いお父さんに伝えたいことを書く、という
スタイルで始めました。 その日にあったこと、日曜日
にやりたいこと、などを書き込んでいます。
最初はまず「とおちゃんへ」と書いてました。
それを「とうちゃんへ」に直しました。 
自分の一日を振り返り、考えをまとめることが楽しく
なってきたようです。
 
ときどき、私が夜遅くなるときは、私へのメッセージが
書かれています。
「今日はぼくのとなりで寝てよ。」
(我が家は雑魚寝スタイルなので・・)
それを読むととても温かい気持ちに
なって、また仕事を頑張れる気がします。 
いろんな意味からもオススメの「親子連絡帳」です。

そのほか、朝のソーセージはかならず、まとめて出して、
一人いくつになるか、自分たちで計算させるとか、
牛乳を入れる時わざと「何ミリリットルにしますか?」
と聞いてみたりします。 

また、日曜日の夜は家族で大河ドラマをみます。
(私と夫の趣味なのですが。)
不思議と一緒に見てくれる子供たち。 
戦国時代の武将たちはなんとなく頭に入っています。
6年生になると始まる日本の歴史を好きになって
くれればいいな、と思います。

いろいろ書きましたが、基本的にお伝えしたいのは
「私も子供も楽しんでいる」ということ。
それが何よりも続く秘訣です。
勉強は本来楽しいものですから。 

 ハッピーキッズで漢字力!? 英語和訳したときの漢字間違いは、入試などでは減点対象ですから注意!

ハッピーキッズで漢字力!? 英語和訳したときの漢字間違いは、入試などでは減点対象ですから注意!

同じやり方がすべてのご家庭で受け入れられるとは
思いません。 それぞれのやり方があると思います。
「こんなやり方が楽しめたよ。」などのご意見が
ありましたら、ぜひ教えてください!

最後に、私がこれらの家庭学習のやり方のヒント
として愛読している本をご紹介しておきます。
「親力で決まる!」 親野智可等著

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

「楽勉」の方法満載です。 是非ご一読
ください!

2010年 3月 8日 | Posted in 日記
AUTHER:ケイト先生 | タグ:
  1. Amy
    2010年 4月 29日 21:14 | #1

    Kate先生、「となりで寝てよ」は誰のリクエストですか?かわいい。。。
    親子連絡帳は娘が大きくなったらぜひしてみたい!
    そして漢字とあと算数(!)の練習は小学生に娘が入ったら私も一緒にお勉強したいと思ってます。
    ホワイトボードは私も好きでした。(今でも好き^^)
    早速買っちゃおうかな♪

コメントする

XHTML: 使用可能タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>