ときめく世界と英語でつながる

ハッピーキッズについてお問い合わせ

top-img002

<PR広告>古座川の夏休み

暑い夏、みなさんお元気にお過ごしですか?
ハッピーキッズは先週と今週、お休みを頂いて
おります。 その間ケイト先生もお休みを頂き、
和歌山の実家に帰ってまいりました。

ケイト先生の実家は和歌山紀州最南端の
串本町。 前回の新年の和歌山ブログをみた一部の
方たちから「一度行ってみたい!」「ツアーを組んで!」
などと、ご好評をいただきました!

今回は、私も小さいころ、たくさん遊んだ場所、
そして、今も大好きな「古座川」の魅力を皆様に
お届けしたいと思います。

私にとって、夏に泳ぐ場所というのは、
プールでもなく、はたまた海でもなく、「川」
というイメージが一番あります。
それは古座川で育ったから。 川で泳ぐと
べたつきませんし、体がさらさらして、泳いだ
あとも気持ちいいです。 また魚やエビもたくさん
いて、泳ぐ以外にも楽しみがたくさんあります。

川エビ。これをその場で油で焼きます。(ちょっとかわいそう?)<br>普通のエビの味です。

川エビ。これをその場で油で焼きます。
(ちょっとかわいそう?)
普通のエビの味です。

私の子供たちも1週間の滞在の中ですっかり
「田舎の子供」のようにまっ黒にやけ、
魚とり網の使い方もうまくなり、流れのある川での
泳ぎ方もうまくなりました。

明日東京に帰るという前日、川辺で毎年恒例となっている
バーベキューを楽しみました。

中央が母、右が妹です。

中央が母、右が妹です。

母は69歳の今も、一人で川でエビをとったり、泳いだり
しているようで、子としてはひやひやしています。
妹は地元高校で英語教師をしています。
もう一人姉がいますが、残念ながら今年は帰省できず。
でもふだん、夏は親戚一同がこの和歌山に集います。

泳いだあとは、すぐ近くの温泉で冷えた体を温めます。
これが最高!

月の瀬温泉

来年ぜひやってみたい古座川下りのカヌー。

夏は予約でいっぱいだそうです。
古座川カヌー

子供たちも、広々とした自然で羽を伸ばし、とても
楽しんだようです。 帰りの電車の中では3人の
息子が「和歌山に住みたい!」と号泣で。。。
とはいえ、東京に戻るとけろりとしているのですが。

東京からはちょっと遠い紀南ですが、それだけに
汚されていない自然がたくさんあります。
よかったらぜひ遊びにいってみてくださいね!

2009年 8月 19日 | Posted in 日記
AUTHER:ケイト先生 | タグ:
まだコメントはありません。

コメントする

XHTML: 使用可能タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>