ときめく世界と英語でつながる

ハッピーキッズについてお問い合わせ

top-img007

日本語力をつけよう!

もっともっと、ハッピーキッズのみんなに英語力を
つけてほしい、それにはどんな工夫の仕方があるのかな。
最近、少しずつ実力をつけてくれているみんなの英語力
をさらに伸ばすための方法を模索して、いろんなセミナーに
出ています。

いろんな先生のお話を聞きますが、ひとつとても興味
深いことがありました。
どの先生も口をそろえて
「日本語力がないと、英語も伸びない。」
ということです。

英語といえども、特別な言葉でなく、言葉なのです。
日本語の理解力がないと英語の理解力にも限界がある、
というのが先生方のご意見でした。(もちろん日本人
の場合ですよ!)

たとえば、子どもの英語歌でよく出てくる単語 「Farmer」。
日本語でいうと、「農夫」ですが、どういう仕事をする人か
まず日本語でイメージできないと、英語の単語
としても頭に受け入れられません。

また今、未就学児さんたちは1週間の曜日を英語でチャレンジ
していますが、そもそも、月曜日の次は火曜日、次は水曜日、
という風に、日本語で認識していないと、到底単語は
覚えられません。 

お子様が9歳で英語検定2級をとった(私は高校で
取得しました!笑)という先生のセミナーはとくに
印象的でした。

英語と一緒に日本語力も一緒に高めようという
ものでした。
たとえば 1月=January=睦月(むつき)
と教えちゃうわけです。 
複雑な内臓なども、胃=Stomachと漢字も併せて
教えてしまうわけです。2歳くらいからこれをどんどん
やらせてしまう。 

またその先生は、お子様やご自分の教室の生徒さん
には、英語をこえた基礎学力をつけていただきたいと
漢文、地理なども交えて教えられているということでした。
(こちらは日本語で。)

実は似たような試みはハッピーキッズでも取り組んで
います。
今月、みんなは四字熟語カルタにチャレンジしています。
カルタの読み上げはもちろん日本語ですが、
インストラクション(説明や指導)はすべて英語です。

みんなの真剣な表情!<br>カルタはNHKの「にほんごであそぼ」でおなじみですね。

みんなの真剣な表情!
カルタはNHKの「にほんごであそぼ」でおなじみですね。

子どもは「音」に敏感ですから、「あいまい」といえば
「もこ!」と言いますし、「じゆう」と言えば「じざい」
と答えるようになってきました。
今後はきちんと意味を理解して、さらに
英語で短く言い換えることにもチャレンジしたいと
思っています。 

「私は英語が苦手なので、自宅で英語を教えられない。」
と感じてらっしゃる保護者の方は、どうか心配なさらないで!
ぜひ、お子様の日本語力をしっかりとのばしてあげて
ていただきたいと思います。
そのことで必ず、英語力のみならず、ほかの学力もつき、
「学習」することを楽しむ気持ちにつながるはずです。 

2008年 4月 8日 | Posted in 日記
AUTHER:ケイト先生 | タグ:
まだコメントはありません。

コメントする

XHTML: 使用可能タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>