ときめく世界と英語でつながる

ハッピーキッズについてお問い合わせ

top-img001

幼い子どもの習い事

親として、幼い子どもに何を習わせたらよいか、
いろんな選択肢がある昨今、悩まれる方も多い
のではないでしょうか。

無理に習い事をさせる必要はまったくないと思う
のですが、幼稚園、保育園の年中さん、年長さん
にもなると集中力がついてきますし、習い事も
子どもにとっていい時間の過ごし方の一つかも
しれませんね。

お子さまが自分から「これをやりたい!」と
はっきり決めていればわかりやすいのですが、
小さい子どもは今日は「ピアノ」と言ったかと
思うと明日は「水泳」などと、興味は尽きず
定まらないことが多いですね。(笑)

習い事をさせる場合に大切なことはふたつある
と思っています。 
一つはもちろん、子どもが多少なりとも興味を
もっていること。
もう一つは、親もその習い事に興味があり、
楽しい時間を共有しようと思えること。
(子どもだけに「がんばりなさい!」はNGですよね。)

やはり親が興味をもって子どもの習い事を
見つめている場合とそうでない場合は、お子さま
の継続性や成長の度合いもかなり違ってくるよう
な気がします。

ハッピーキッズの生徒さんの中には、水泳を
習っているお子さまがいらっしゃいますが、
英語のとき、いつも生き生きとスイミングでの
楽しい話題や、25mも背泳ぎできるなど、
楽しくおしゃべりしてくれます。
(ちなみに私は背泳ぎできません。 
だからなおさら感動します!) 
お話しを聞いているとそこにはやはり水泳を
応援するお母さま、お父さまのすばらしい姿が
見えてきます。

ハッピーキッズでも、保護者の方には、お風呂を
出るとき、英語で20まで数えてみてください、
とか、CDを一緒に聞いてください、とお願い
したりすることがあります。
もちろん、復習が大切なのでお願いしている部分も
ありますが、何よりも、お父さん、お母さんと
英語についてなんらかの思い出ができることが、
将来の学習意欲の糧になると思っています。

昨年秋から我が家では息子が音楽教室に
通いだしました。
ピアノが好きな私の趣味に合わせて通わせて
しまっている部分も多いのですが、私の応援も
彼らの気力も続くかな? 
一応、今のところ、楽しそうに通っています。

 

 

「エレピの中に入っているデモ演奏
‘英雄ポロネーズ’に合わせて、体をゆすり
ながら指を動かし、自分で弾いている気に
なっている次男です(苦笑)」

2007年 3月 3日 | Posted in 日記
AUTHER:ケイト先生 | タグ:
まだコメントはありません。

コメントする

XHTML: 使用可能タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>