ときめく世界と英語でつながる

ハッピーキッズについてお問い合わせ

子供に読み聞かせたい Picture Book / 英語の絵本を紹介します。

[第1回]Doctor Miaow’s Big Emergency (Whoops-a-daisy World)


Doctor Miaow’s Big Emergency (Whoops-a-daisy World) [ハードカバー]

Sam Lloyd (著)

男の子でも女の子でもゴッコ遊びが大好きです。
この本は、お医者さんごっこ遊びを楽しんでいるお子様への読み聞かせにピッタリな一冊です。読み聞かせのあとは、お子様と一緒にお医者さんごっこを英語を交えて楽しんではいかがでしょう?

Kiss-it-better
病院の猫のミャウ先生と救急車ドライバーのウーフは、患者さんのお世話や救急車のお掃除で今日も大忙し。そこへ木から落ちて怪我をした猫のトムから緊急電話がかかってきます。ミャウ先生とウーフは早速出動します。

体温計:Temperature, 担架:Strecher, レントゲン:X-ray, 絆創膏:Plasterなど、病院でおなじみの道具が沢山登場します。

病院に電話がかかってきたときのミャウ先生の対応は実践的。
もしもし Hello.
どうしましたか? How can we help you?
すぐに向かいます! We’ll be there right away!

また、ミャウ先生とウーフが救急車に乗り込んで、急いで現場に向かう時に、
off they go! ではなく、off they zoom!と臨場感たっぷり。

更に、救急車のサイレンは日本語では、「ピーポーピーポー」、電話の音は「プルルル」と表現しますが、
英語ではなんて表現しているでしょう?擬音語は言語、文化によって異なるんですね。

ところで、猫のトムはなんで気に登ったのでしょう?なんと鳥さんを捕まえようとしたからなんですって。
あぁ~猫の習性。

2011年 9月 16日 | Posted in A,B,C,D,E, 鈴木恵美子先生
執筆担当:鈴木恵美子 | タグ: ,
まだコメントはありません。

コメントする

XHTML: 使用可能タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>